FC2ブログ

【クウガ】 MISSING MEMORYS~革命~ 【ティガ】

 デデデデデッデデー デデデデデッデデー デン!
 あ、本文長いので続きからでお願いします。







 
 …痛い…痛い…痛い!

 グロンギの魔の手からひとりだけ生き延びてしまった青年はひとり、歩いていた。
 彼は心の痛みを止めるすべを知らず、苦しみ、歩き続ける。
 自らの命を消せば痛みも消えると気が付いた。
 ただ食べるのを辞めれば良い、水を飲むのを辞めれば良い、息をするのを辞めれば良い。
 それはそのまま命を絶つという意味になると気が付いたが、青年にはできなかった。

 「君は…なぜ生きる?」
 “誰だ? お前は?”
 現れたのは白い大きな外套を纏った男。これほどの白さは空の雲か、死体の骨か、光そのものか。
 「私が誰かはどうでもいい。ただお前がなぜ、そうまで苦しみながら生きているのかを聞きたい」
 “生きることに、理由が必要なのか?”
 「では、良きる糧は必要ないのか? お前から全てを奪ったグロンギたちに復讐しようとは思わないのか」
 “フク…シュウ?”
 「…リントには復讐という言葉すらないのか。ナザレが求めた民族とは…いや…やられたことをやり返そうとは思わないのか?」
 “やり返したあとはどうする? 無意味だ”
 「お前は復讐という言葉は知らないが、復讐の意味は…理解しているな」
 互いに質問し続けるだけの終わりのない螺旋のような会話にひとつの結論が付いた。そのときだった。
 雷鳴と聞き間違うだけの爆音が響いたのは。
 「向こうはリントの村だな。グロンギがまたゲゲルを始めたらしいな」
 “あいつら、また誰かを襲っているのか!?”
 答える代わりに白い外套の男は、静かに石の塊を取り出した。
 その石の名前はアークル、数少ない善なる霊石アマダムを取り込んだ戦士の証。
 「復讐の意味を知っているお前にだからこそ、これを託す。本来ならばスパークレンスを使うべきだろうが…やむをえん」
 アークルが青年の腹部に溶け込むように融合していく。
 “これは…”「なんだ!?」
 「三つの姿をもつ我らが神をティガと呼ぶ…四つの精霊と空なる戦士という意味で…クウガ、クウガだ」
 「俺は…クウガッ!」
 青年は自分の生まれ育った集落が全滅したとき、名前と言葉を失った。
 呼んでくれる人間が居ないならば名前はその機能を果たさないから。呼ぶ相手が居ないなら言葉なんて無意味だから。
 
 クウガとは、他者の名前を奪わないための戦士の称号。
 誰かが誰かを愛し、その名前を呼ぶ。その当然の幸せを守るための刻印。
 もう誰の涙も流させない。皆に笑顔でいて欲しい。その誓いと信念の化身。



 先ほどの爆発により、集落からの出口が崩落した。
 逃げ場を奪い、ひとりずつ殺害する。それがこのゲゲルのルールだった。
 絶望が人々の間に広がる。逃げ惑う者、我が身を盾にしようとする者、勇気を振り絞る者…。
 だが、それらは全てグロンギのゲゲルを盛り上げる余興に過ぎない…戦士が現れるまでは。
 緑の力は人々の悲鳴を聞き逃さず、青の力は閉ざされた道を突破し、戦士を戦場へと導く。
 グロンギが放った攻撃を紫の力が受け止める。生身の人間ならば確実に殺傷する一撃だった。
 「…バンザ・ビガラ?」
 「クウガ…ゴセビ・クウガ!!」
 戦士は名乗ると同時にその姿を赤へと変えた。
 伝説が、生まれた。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

84g

Author:84g
ママチャリ日本一周するために仕事を辞める変人。
特撮・古マンガ好きの若いのに懐古という変人です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ