FC2ブログ

クロウ/飛翔伝説 感想【総合:☆☆☆★★】

 映像:☆☆☆☆★
 キャラ:☆☆☆★★
 ストーリー:☆☆☆★★
 俳優:☆☆☆☆★
 総合:☆☆☆★★

 予備情報なくツタヤに行き、直観で借りてきた映画を観ています。今回はクロウ/飛翔伝説
 アメコミ系アクションヒーローモノ。
 恋人と共にチンピラに殺された主人公の死体と魂が、カラスによって地獄から人間界に舞い戻り、不死身の怪物として復讐する。
 まー…ありきたりな話である。演出・シナリオ、一流ではあるが超一流と呼べる部分はほぼない。

 だがしかしこの映画、映画マニアの間ではとても有名で、タイトルを知らないヤツはモグリである。
 というのも、主演がブルース・リーの実子、ブランドン・リーなのだが、この映画の撮影中に事故死している。
 その辺りの経緯は、率直にグーグルさんに聞いた方が早いし、映画自体の感想からは逸脱するので割愛するが。

 映画自体は、ブランドン・リーの疾走感あるアクションによって見応えあるものになっている。
 しかし、テーマが不幸な死を遂げた若者の死と別れであり、作中の主人公のセリフがブランドン自身の死と重なり、意味が変わってしまう。
 映画自体は売れているが、制作陣の当初の趣旨では楽しむことは難しくなっている。


 ちなみに、映画自体でいうとブランドンのアクションシーンは120点である。
 日本語吹き替えも父親と同じく池田秀一さん(赤い彗星のシャアの人)だったりとツボをしっかり抑えている。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

84g

Author:84g
ママチャリ日本一周するために仕事を辞める変人。
特撮・古マンガ好きの若いのに懐古という変人です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ