FC2ブログ

ロジャー・ラビット 感想【総合:☆☆☆☆★】

 映像:☆☆☆☆★
 キャラ:☆☆☆★★
 ストーリー:☆☆☆★★
 俳優:☆☆☆☆★
 総合:☆☆☆☆★

 録りためていた映画を観ています。今回はロジャー・ラビット
 トゥーン(ディズニーやバッグス・バニーなど)が実際に存在し、映画に出演しているという架空の世界の物語。
 その世界で、妻の浮気疑惑から仕事に手が付かなくなったトゥーンのコメディアン兎、ロジャー・ラビット。
 彼を復活させるために探偵が浮気調査をするが、その後日、浮気相手だったはずの大富豪が何者かに殺害される。
 容疑者として追い詰められるロジャー・ラビットと、その彼と衝突しながらも分かり合う探偵の物語。

 実写とアニメーションの融合ということだが、意外と自然に纏まっている。
 そしてシーンのつなぎ目というか、演出のクセに見覚えがあるなー、と思ったらゼメキス監督作品。
 ストーリーをザクザクさせて、とにかく見せ場のシーンを増やしていく趣向は、まんまバックトゥザフューチャーシリーズのそれと同じ流れ。
 そして悪役の検事を演じているロイド氏といえば、こちらもバックトゥザフューチャーのドク役が有名。
 もう、俺が好きなスタッフさんでいっぱい。ツボである。

 終始面白いシーンで展開しようとしている姿勢は、エンターテイメントとして基本だけど大事な姿勢。
 オチまで一貫した姿勢を貫いているし、とにかく映像を見ているだけで面白い。

 肩の力を抜いてコーラとポップコーンを相棒に観る映画。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

84g

Author:84g
ママチャリ日本一周するために仕事を辞める変人。
特撮・古マンガ好きの若いのに懐古という変人です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ