FC2ブログ

ハウンター 感想【総合:☆☆☆☆★】

 映像:☆☆☆★★
 キャラ:☆☆☆☆★
 ストーリー:☆☆☆★★
 俳優:☆☆☆☆★
 総合:☆☆☆☆★


 アマゾンプライムで配信していた映画を観てます。今回の映画はハウンター
 主人公の少女は、“誕生日の前日”を繰り返していることを気付いたが、家族たちはそのことに気付かず、家の中から出ることもできず、同じ一日を繰り返している。
 同じ時間に洗濯を頼み、同じ時間にチーズマカロニを食べ、同じ時間に“明日の誕生日はどこで飯にするか”と会話する。
 中盤、主人公はこの状態の原因を探り当てるが、しかしながら、それは“元凶”との対立を意味していた。
 果たして主人公は元凶を突破し、誕生日に向かうことができるのだろうか?


 中盤に真相が明かされてからが本編。
 かなり不条理なシナリオで、理に適っているシーンではないし、ミステリーとしては駄作と云わざるを得ない。
 というのも、作中で出ている真相はかなり早めに解明され、謎らしい謎は最後まで残らないし、監督の世界観をなんとなく理解できないとツライ。
 個人的には小野冬美原作の少女漫画作品が有ったのだが、あの世界観が近いように感じた。
 というか、あれを読んでいると世界観がスッっと理解できて、そのまま観ることができるように感じた。
 いやあ、やっぱりこの世界観は面白いわ。ゴーストハント的……ん、このタイトルを云うだけで、なんとなく設定がバレるか。

 ぶっちゃけ、心霊モノなんだが、まあ、映像表現というか、家族間の関係性がホロリとする。
 悲しい檻に閉じ込められた人々、そして元凶との戦いは手に汗握る。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

84g

Author:84g
ママチャリ日本一周するために仕事を辞める変人。
特撮・古マンガ好きの若いのに懐古という変人です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ