FC2ブログ

黄金バット(1966年) 感想【☆☆☆★★】

 映像:☆☆★★★
 キャラ:☆☆☆★★
 ストーリー:☆☆☆★★
 俳優:☆☆☆★★
 総合:☆☆☆★★

 アマゾンプライムで配信していた映画を観てます。今回の映画は黄金バット
 ある日、惑星イカロスが地球に衝突することを突き止めたアキラ少年は、それを阻止しようとする秘密機関に拉致・勧誘され、その一員となる。
 超破壊光線砲を発明していたが、それを奪おうとするのは宇宙制服を策謀する怪人・ナゾー。
 その戦いの中、超破壊光線の部品のためにアトランタス大陸を探訪中、ナゾーの襲撃を受けるが、その危機を救うべく黄金バットが蘇った。

 “まずやってみよう”見切り発車から特撮映画を作った。
 元々、紙芝居が原典だった黄金バットを映像化しようということで、日本映画史でも、かなり初期の“映像化特撮作品”と言って良い。
 (この前に黄金バットがもう一度映像化されているし、そもそも特撮映画の基準が難しいのでアレだが)
 小道具やメーキャップは、かなり不自然な点も散見されるし、黄金バットの設定も作中で明かされない。

 しかし、少女の危機を救うべく、金色の蝙蝠に呼ばれて現れるスカルヘッドというキャラクターのインパクトは凄まじい。
 設定の不明瞭は有るし、古臭さは隠しようもないが、昭和作品独特のダイナミズムは魅力的。
 古すぎるという一見の価値は充分あるように思う。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

84g

Author:84g
ママチャリ日本一周するために仕事を辞める変人。
特撮・古マンガ好きの若いのに懐古という変人です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ