FC2ブログ

キングコング:髑髏島の巨神(総合:☆☆☆★★) 感想

 映像:☆☆☆☆★
 キャラ:☆☆☆★★
 ストーリー:☆☆★★★
 俳優:☆☆☆★★
 総合:☆☆☆★★

 ネットカフェで無料だったので見ています。今回の映画は髑髏島の巨神
 ベトナム戦争が終わる日、アメリカではひとつのプランが動いていた。
 政治的な理由から調査を見送られていた髑髏島、そこには地下空洞から上がってきた巨大生物が溢れ、その中には帝王と呼ばれるキングコングが守る島だった。
 果たして、人々は島から脱出できるのか?


 テンプレートにキングコングが暴れるだけ。でもそれが良い。それで良い。

 映像的には頑張っているし、主人公たちが森林でのサバイバルをしつつモンスターに襲われるシーンは手に汗握る。
 しかしながら、シナリオは粗を感じる部分が多い。
 なぜ調査をしなければいけなかったのか、なぜキングコングへ人間が攻撃しなければならなかったのか。
 確かに理由は説明されるのだが、感覚的に共感はできないし、キャラクターが立っているように感じない。作劇の都合として爆発シーンをやりたい、という以上に見えないのだ。
 『暴走する大人と対立する怪獣』という構図は昔ながらではあるが、大概は『やめて! 〇〇〇は良い怪獣なの!』的な子供が居たりするが、この作品では子供は出ない。
 『大人と子供』という構図の長所は、その作品が『子供の冒険と肯定』というポジティブな要素が含まれていると記号的に説明できる。
 だがしかし、それすらないこの作品には、明瞭な方向性がほとんど示されない。
 自然文明の賛美なのか、戦争へのアンチテーゼなのか、空想科学的な深淵なのか、家族愛なのか、軍事的な絆なのか。


 ストーリーは度外視して、映像が一番の見せ場なのは良いんだが、究極的に『見たことが有るシーン』になってしまっている。
 映像とシナリオが合わさって初めて“良い映画”なのであって、どちらかだけならば、他の映画でも良いかな、以上にはならない。
 キングコング映画といえば、やはり摩天楼クライムだと思うのだが、それを使わないならばそれ上にアイデアとセンテンスに溢れるシーン作りをして欲しい。
 密林でゴリラが戦うシーンを斬新だとは思わないし、表情のあるゴリラというのを上手く表現してはいるんだけど、感動できないなら意味が無い。

 駄作とは思わないが、次回作ありきで『キングコングという著名タイトルのキャラクターをゴジラと戦わせるために前フリ』以上には感じない。
 別に見ないで、ゴジラ対キングコング(新)からダイレクト見れば良いんじゃないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

84g

Author:84g
ママチャリ日本一周するために仕事を辞める変人。
特撮・古マンガ好きの若いのに懐古という変人です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ